当てはまったらあなたの肌は黒ずみやすい!?3つのチェック&ケア方法

肌の黒ずみは悩ましいものですよね。

同い年のあの人よりシミが多い気がする。。。
みんなより色素沈着が多いし、濃い気がする。。。
もしかして、他の人より黒ずみやすい!?

そんなことに気づいたら、この3つのチェックを試してみてください。

色素沈着で肌が黒ずみやすいかどうかは、実は生まれつきの体質によって違うんです!

原因がわかれば、それを防ぐだけ。
対策方法も書いたので、ぜひ参考にして黒ずみケアを始めて美白を目指しましょう!

肌の黒ずみやすさチェック!

1.肌の色でチェック


私たちの肌の色でも、人によって違いますよね。
あなたは色白ですか?色黒ですか?中間くらいの人もいますね。

これは、色黒の人の方が体質的に身体に黒ずみが起きやすいと言われています!
中間位の人も比較的できやすいかも。
なぜかはチェックの後で説明しますね!

そして!色白の人も安心できません。詳しくは次の項で。

2.日焼けの仕方でチェック


日焼けの仕方も人によって違います!あなたはどれに当てはまりますか?

日焼けをしたときに、肌が
1.すぐに黒くなる
2.赤くなって、黒くなる
3.赤くなって、黒くならずに元の肌の色に戻る

これは、上から順に色素沈着が起きやすいんです。
すぐに黒くなるのは色黒の人に多いので、チェック1とも被りますね。

3の人は色白の人に多いタイプですね。
この肌タイプ、実は比較的シミが発生しやすいんだそうです!
現在、日焼けで色素沈着が起きていなくても、将来的にシミになりやすいので注意が必要です。
理由は、これもチェック後に!

3.肌質でチェック


黒ずみやすいといえる肌質は、

1.乾燥肌や敏感肌
など、肌が荒れやすかったり、痒みが起きやすい人です!
肌荒れや痒みは炎症の反応です。なんと肌の炎症は、黒ずみの原因になるんです。

そして、

2.皮脂が多い、オイリー肌

皮脂の多い汗をかく体質の人です!ニキビができやすいこともあります。

皮脂の分泌が多いと毛穴に詰まってしまって、表面が酸化して黒くなります。
特に鼻に大きく目立ってできるやつです。イチゴ鼻とか呼ばれますね。
これによって肌がくすんで見えてしまいます。

皮脂のつまりはニキビや吹き出物の原因にもなります。これは炎症が起こってできるので、黒ずみやすい人は治った跡が色素沈着することも!

当てはまる人は、普段から肌のケアをしっかりしていきましょう!

それでは対策していこう!

チェックの結果はいかがでしたか?

次の項から、美白を目指すための黒ずみ改善方法を説明していきますよっ!(*´ω`)

黒ずみやすいのはなぜ?

肌の色はなぜ人によって違の?

まずは肌の色ができるメカニズムから。
詳しくは→身体の黒ずみ・茶色い色素沈着の意外な原因と改善法とは?の記事で説明してますので、ここでは簡単に説明しますね。

デリケートゾーンの黒ずみ改善
肌の色は、皮膚の層の奥にある「メラノサイト」という細胞から作られる、メラニン色素によってできています。(髪の毛の色、目の色など、身体の色はコレで作られます)

人は誰でもこの細胞を持っているのですが、人種や体質によってメラニン色素を作る量が変わってくるんです。

色黒の人は、メラニン色素が多く作られます。
色白の人は、それが少ないんです。

これは遺伝や人種も強く関係しています。
白人さん達は、メラニン色素が少なくて、髪や肌の色が薄い。
黒人さん達は、メラニン色素が多くて、髪や肌の色が濃い。

黄色人種と呼ばれる日本人は、白人さん達と比べて黒ずみやすいんだそうです!

参考:wikipedhia「ヒトの肌の色」

メラニンは肌を守る!

メラニン色素は、皮膚を強くして守ってくれる役割もあります。 
日傘みたいな役割や、紫外線を吸収するなどして肌の奥に届くのを防いでダメージを軽減してくれます。
参考:花王スキンケアナビ「紫外線を防ぐ仕組み」

そのため、日差しの強いところに住んでいた人々の肌にメラニン色素が多く発生するよう進化していったんだそうです。

皮膚は刺激を感じると、メラノサイトがメラニン色素を生成するようにできています。紫外線という刺激を受けることで、皮膚が赤くなり、日焼けするのはこのシステムが働くからなんです。

若いうちは皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)によってメラニン色素も垢と一緒に排出されやすいですが、年齢を重ねるとどうしても新陳代謝が遅くなります。
そうしてメラニンの排出が追い付かなくなり、皮膚の細胞にメラニンが溜まってシミとなります。

メラニンはいろんな刺激で発生する!

メラニンが生成される刺激は紫外線だけじゃなく、
・摩擦の刺激
・炎症の刺激
もあるんです。
日焼けで皮膚が赤くなるのは炎症の反応。つまり肌が火傷している状態なので、これに反応して黒くなるということもあります。

肌が黒ずみやすい人は、
摩擦では
・お風呂でのゴシゴシ洗い
・衣服がよくこすれる所
炎症では
・かき壊しの跡
・虫刺されの跡
・ニキビ跡
などでも色素沈着しやすいんです!

参考:エスエス製薬「シミができる原因」

活性酸素の増えすぎにも注意!

私たちの身体の代謝で発生する活性酸素
取り入れた酸素の約2~3%が活性酸素になると言われています。

有害なウイルスを殺してくれたり、酵素の働きを良くしたりという働きがある反面、
増えすぎると、細胞を酸化(老化)させたりメラニンの生成を増やす働きもあるそうです!

増えすぎる原因は、
・紫外線の浴びすぎ
・喫煙
・ストレス
など。

規則正しい健康な生活が大切というわけです!

メラニンは女性ホルモンにも反応する!

女性ホルモンの中には、メラノサイトを活性化させる働きもあります!

なので特に女の人は、女性ホルモンが増える思春期妊娠、出産などで黒ずみが発生することが多いようです。

女性は赤ちゃんを産むので、乳首やデリケートゾーンなど、皮膚が薄くて弱いところにメラニン色素を作って肌を守るためではないかと言われているようです。

とくに黒ずみやすい人は、若い頃に比べて何もしていないのに黒ずみができてしまうんですね。

色白さんも色黒さんも気を付けて!

色素沈着が起きづらい色白さんは・・・

色白さんが一番気を付けたいのは紫外線

デリケートゾーンの黒ずみ改善

日焼けしづらい色白さんは、肌を守るメラニン色素が少ないので、紫外線がダイレクトに皮膚の奥に届きやすいです。
それが強い刺激となって、メラノサイトが活性化!肌を守ろうと頑張ってメラニン色素を作り続けます。

色白さんは、色黒さんに比べて活性化しているメラノサイトが多い傾向にあるようです。
日焼けしないから大丈夫♪と若いうちからケアしないと、将来的にシミがたくさんできてしまうんです。

また、メラニンが全く作られないわけではないので、もちろん少ないながらも肌の黒ずみは起こります。肌の色が明るいため、少しの黒ずみでも目立ちやすいという難点もあります;;

中間~色黒さんも要注意!

中間的な肌色~色黒さんは、
前項で上げた刺激から作られるメラニン色素が多いので、黒ずみが発生しやすいです。

日々のケアがとても重要になります。

また、紫外線が原因のシミに関してはできにくいだけで、全くできないわけではありません。

次項の対策・改善方法をしっかり確認していきましょう。

チェックからわかる対策・改善方法!

必ずやりたい紫外線対策

まずはシミなどの色素沈着が一番できやすい紫外線の対策から!

実は、絶対シミを作りたくない!からと言って、全く太陽光を浴びないようにするのもよくありません。

太陽光を浴びることで、人が生きる為に必要な栄養素、ビタミンDが体内で作られます。お肌にも良い栄養素なので、全く外出しないということは逆に不健康になります。
適度な太陽光を浴びつつ、強い刺激を遮ることが大切です!

もし日焼けしたくても、お肌が真っ赤になってヒリヒリが続いたり、水ぶくれができたりするほど紫外線を浴びないように対策していきましょう。

外出するときは、

・日焼け止めを塗る
・つばの広い帽子をかぶる
・日傘をさす
・アームカバーを付ける
などが大切!

ちなみに、帽子など紫外線対策グッズの布地の色は白より黒(なるべく濃い色)の方が紫外線を遮ってくれます!

気を付けたい日々のケア

肌が黒ずみやすいことがわかったら、普段から気を付けたい行動は摩擦・炎症を避けること!
そして肌のケアをしていくこと!

・お風呂やトイレでゴシゴシこすらない
・キツイ下着や服を着ない

・痒くてもひっかき傷を作らない
・そもそも痒みを起こさない!

・保湿クリームを塗って肌の水分を保つ

という、肌のトラブルを起こさないためのケアや、

メラニン色素をしっかり排出させるために
・肌のターンオーバーのリズムを整える
  …規則正しい生活
  …適度な運動
  …適度な睡眠
  …喫煙をしない
ということも重要です!

詳しくは→今日から始めよう!肌の黒ずみを予防・改善する簡単な方法12個
タバコを吸うと肌が黒くなるって知ってた?ビタミンCで黒ずみ対策を!
の記事も読んでみてください♪

他に黒ずみケアでできること!


・ビタミンCを摂る

ビタミンCは、美白効果のある栄養素としても有名なんです。食事やサプリメント等でも摂れるとよさそうです。
皮膚科では、シミの治療にトラネキサム酸という、美白化粧品や医薬部外品によく使われる抗炎症効果のある成分の薬と、ビタミンCを一緒に出すところが多いようです!

※トラネキサム酸についてまとめた記事:「塗る」トラネキサム酸が美白に効果抜群!副作用もなくておすすめ!

・黒ずみ改善用のクリームを塗る
黒ずみ美白クリーム
という手もあります!

私が使っているのはトラネキサム酸が主成分の物ですが、
実際にメラニン色素の生成を抑えてくれたり肌荒れが改善してしっとりしたり…などの効果がありました。個人的に使ってとてもよかったのでこのサイトでも紹介してますので気になる方はご参考にどうぞ♪

黒ずみクリーム3選、徹底比較ランキング!おすすめはコレ!

まとめ

黒ずみやすさチェック&ケア方法は以上です!

ちなみに私は平均的な肌色、弱敏感肌、乾燥肌で、服の摩擦やかき壊しなんかでもすぐ黒ずむ方です^^;

肌を露出する季節がくる前にしっかりケアしていきましょう!!

※このサイトにおける「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする