デリケートゾーンの黒ずみの原因&ピンクにするケア方法を紹介するよ

黒ずみ専用美白クリームの効果の出る使い方

突然ですが、普段着ている服、おまたの洗い方、気を付けてますか?

え?服?洗い方?そんなの知らないわ!早く黒ずみの治し方教えてよ!
なんて思ってしまったあなた。

あなたの何気ない行動が黒ずみになっているかも知れませんよ!!(´Д`;)

この記事では、

・デリケートゾーンの黒ずみ基礎知識:実は多くの女性が悩んでる!?
・女性のデリケートゾーン(陰部)やVIOラインに色素が沈着してくすみや黒ずみになってしまう原因

・改善していくための毎日のケア方法
・私が黒ずみを改善した美白クリーム

を書きました!

今以上に黒ずんでしまう前に、今日からケアを始めましょう!

アソコには、黒ずみやすいポイントがある!!

デリケートゾーンの黒ずみやすい場所はココ!

まずはチェックしたいデリケートゾーンVIOラインの場所の図解から。

VIOラインは、よく脱毛サロンで使われるデリケートゾーンの名称ですね。
その中で一番デリケートで黒ずみやすい場所が性器周りのiラインです。

ここの黒ずみは普段見えないのでなかなか気づきづらいです。何気なく鏡で陰部を見てみたり、脱毛をして毛がなくなったりしたときに初めて気づく方が多いようです。

気づいた時のショックたるや!!笑
えっ・・・グロイ・・・マジで!?どうした私!?なんて不安になりますよね。

でも、気づいてよかったですね!気づかなかったらもっと黒くなっていたかもしれません(゚д゚lll)

デリケートゾーンの黒ずみ、皆どう思ってる?

本当はみんな悩んでる??

デリケートゾーンなどの、カラダの黒ずみの3つの原因とは?
実は、デリケートゾーン、特にiラインの黒ずみは、口に出さずともたくさんの女性が悩んでいるテーマなんですって。

みんなが悩む原因の1つが、
アソコが黒い=たくさんの男と遊んでいる
という噂ではないでしょうか?

現代の日本人のほとんどが一度は聞いたことがある噂になっているようですが、これはとんでもない嘘の話です!経験の無い処女の人でも陰部が黒い人はいます。

それでも若い人や情報に疎い人は未だに信じている人もいるようです。
誰だ変な噂流したやつは!笑

そもそも黄色人種の私たちはその体質上、皮膚が黒ずみやすい傾向にあるので(日焼けもしますね)、お友達もお隣さんも、あの綺麗なお姉さんも黒ずんでいる可能性が高いのです。

私だけなのかな?と不安になっていたなら、安心してくださいね!

ただしみんな真っ黒というワケではなく、人によってピンク~茶色いくすみ~黒まで個人差があります。もちろん、ピンク~うすい茶色位の方が、見た目は綺麗だし、ほとんどの男性からの印象も高いようです。

あなたが黒ずみやすい体質かどうか気になったら、この記事を読んでみてください。
当てはまったらあなたの肌は黒ずみやすい!?3つのチェック&ケア方法
黒ずみやすかったら、より普段の生活に気を付けましょう!

男性はどう思ってる?

いろいろな黒ずみ解消体験談を見てみると、
「彼氏に『黒くない?』と指摘されて美白を始めた」
「旦那には黒くても気にしないって言われたけど、美白したら喜んでくれた」
という声が多く、やはり男性も気になる様子。

中には、「黒すぎて無理」と言われてフラれた、なんてヒドイ話も!!

ほとんどの男性は、「色なんて気にしない!でも綺麗だったらうれしいな」と思う方が多いようです。

中には、初めての時に「え!黒い!まさか、遊んでたのかな…でもそんなの聞けないし…」と悩む男性も居るみたいですね。

デリケートゾーンが黒ずむ原因とは?

黒ずみ対策は、まず原因を知って解消することから始めましょう!

肌の黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみ改善
肌の黒ずみ(色素沈着)は、皮膚の奥にあるメラノサイトという細胞から、メラニンという身体の色素(肌、髪の毛、目の色を作ってます)が異常に作られて、肌に沈着することによって起こります。

メラニン色素が発生するのは、
・紫外線、ケガ、病気による炎症
・摩擦による刺激
などが原因で、これらの刺激から肌を守って強くしているんです。

同じ刺激がずっと続いてしまうとメラニンが異常発生して、
・繰り返した日焼けによるシミ
・ケガ・かきこわし後の色素沈着
・服や下着がこすれた茶色い跡がつく
ということが起こります。

また、女性ホルモンバランスの関係もあります。
2種類ある女性ホルモンのうち、黄体ホルモンメラニン色素を発生させる働きもあるので、思春期以降や、妊娠、出産の際は黒ずみが発生しやすくなります。

詳細はこの記事に書いてありますので、まだ読んでない方は読んでみてください!
身体やデリケートゾーン、乳首などの黒ずみの意外な原因と改善法とは?

デリケートゾーンは黒ずみやすい!

陰部は他の場所よりも皮膚が薄く、デリケートゾーンと言われるほどデリケートです。

また、女性の人生の大仕事、妊娠~出産をするための大切な性器があるので、より肌を守ろうとする働きが強いです。

だからこそ、丁寧に扱ってあげないとすぐに色素沈着してしまうんです!

では次項から、具体的にデリケートゾーンをピンク色にする生活方法をご紹介します!

デリケートゾーンの黒ずみの対策方法

肌をキレイにする簡単な生活法12個
日々の生活でついた黒ずみは、日々の生活を改善しないと消すことはできません!
刺激をできるだけ減らすことで、メラニン色素の発生を抑えていきます。

服や下着はサイズ・素材に注意!


スキニージーンズの様なピッタリした服
は擦れや通気性の悪さを招くので、毎日履くのは避けましょう。

下着は、
・きつすぎるショーツ
・ピッタリと締め付けの強いゴム
を履くと、血行不良を起こすだけでなく、動くたびに擦れて刺激になります。iラインだけでなく、vラインの黒ずみも招いてしまいます。

ゆったりしたサイズで、やさしめのゴムのショーツをはきましょう。
私は以前、服のサイズと同じサイズのピッタリショーツをはいていたらお腹のゴム部分にも黒ずみができたので(笑)
ワンサイズ大きいものにしてから数年、無事黒ずみも消えました!

おすすめは、ボクサータイプのショーツです。これなら陰部だけでなく、足の付け根のこすれによる黒ずみも防げます。

また、ポリエステルなどの化学繊維は通気性を悪くします。

ショーツ内は経血やおりもので高温多湿になりやすく、ムレて雑菌が繁殖しやすい場所です。
炎症やかゆみが起きてしまい、かき壊して色素が沈着…という結果になるので、いざ勝負!というとき以外は綿やシルクなど通気性の良いものを選ぶことをお勧めします。

トイレでは優しく拭こう!

尿や便を綺麗に落とそうとゴシゴシ拭いてはいけません。できれば柔らかいトイレットペーパーで優しく拭きましょう。

肛門周りについた大腸菌などの雑菌が膣や尿道に入らないよう、前から後ろに向かって拭きます。尿は優しく押し当てるように拭きましょう。

生理中や、柔らかい便が続いた時にトイレットペーパーで拭くと皮膚が痛くなりやすい方は、流せるウェットティッシュだと拭き取りやすいだけでなく、皮膚の痛みもなくてオススメです!

私がこのサイトでおすすめしてるのはトイレに流せるソフィのデリケートウェットシート。


→amazonで見る
→楽天市場で見る

ウェットティッシュはほんとに神。笑

専用石鹸で正しく洗おう!

デリケートゾーンの正しい洗い方とおすすめ石鹸
バスタイムで気をつけたいのが洗い方と石鹸です。

iライン周りの構造は複雑なので、適当に洗うと恥垢(ちこう)と呼ばれる臭いの強い垢が落とせず、雑菌の宝庫になってしまいます。
優しい力で、指の腹で隅々まで洗うことが大切になります。

ただし!膣の中は善玉菌の力で弱酸性に保たれていて、ばい菌の進入を防いでいるので、洗わなくても大丈夫。逆に洗うと感染症にかかりやすくなってしまうので注意です。

石鹸は、頭や顔と同じように、ボディと同じものだと刺激が強すぎて乾燥や炎症を招きます。デリケートゾーン専用の石鹸を選びましょう。

私が使っているおすすめ石鹸はコレ!
ジャムウハーバルソープ
 

天然成分で、臭いをスッキリ、黒ずみを明るくしてくれます♪

成分や効果、レビューなど詳しい情報はこの記事で♪
臭い・黒ずみに効果あり!おすすめ石鹸ジャムウハーバルソープとは?

正しい洗い方…?( ゚Д゚)ポカーン
なんて方は、詳しく書いてあるこの記事を読んでみてください!
デリケートゾーンの正しい洗い方【図解】で黒ずみ・臭い・痒みを改善!

ナプキンは自分に合ったものを清潔に

ナプキンかぶれによる痒みで悩む人も多いようですね。
生理中は特に肌が敏感なので気をつけましょう。

最低でも1〜2時間に一回は取り替えて、清潔に拭いて、ムレやかぶれを防ぎましょう。

おりものの多い日はパンティーライナーを付けるのがおススメ。

ナプキンの良し悪しはかなり個人差があって、経験上、私より敏感肌の人が合うものが私に合わなかったりしています。
いろいろなナプキンを試してみてください。

個人的には、薄さが売りのものだと表面がザラザラして擦れて痛くなりやすいです。
ちなみに現在のMy Best Napkinは、エリス「新素肌感」と、パンティーライナーはソフィの「ふわごこち」です。笑

蒸れを防ぐために減毛しよう

陰毛が多すぎたり濃すぎたりすると、蒸れやすく肌が荒れてしまうことも。
生理の時は臭いもこもりやすいですしね。

だからと言って全部剃ってしまうのは気が引ける・・・という場合は、髪の毛と同じようにハサミで適度にすくことをおススメします。

私の場合は温泉で周りの人より毛が濃く、多いことにきづきました(笑
長すぎる毛は切って、適度にすくだけでも結構量を落とせます。
書いてたら恥ずかしくなってきた。笑

更にケノンという家庭用脱毛器(脇の為に買って、脱毛後、使える分が結構余ったんです)も使いました。
光を当てて毛根を弱らせ、脱毛するアイテムですが、濃い毛は何度か当てないとなくならないんですよね
それを利用して1度だけケノンを当てることで、毛を少し細くできました\(^^)/

ご参考までに!
ケノン公式サイト

脱毛はカミソリでやらないで!


もし脱毛をするなら、カミソリ・ピンセットで抜くのはやめましょう!
目に見えないレベルで肌を傷つけて、黒ずみや、皮膚が厚くなったゴワゴワ肌くすみを招きます。

また、カミソリは雑菌がついていることもあり、カミソリ自体も綺麗に洗わないと皮膚炎をおこします。私も経験あります\( ‘ω’)/涙

電動カミソリが1番肌に優しいそうです。
今普通のカミソリしか持っていないなら、刃を洗って雑菌を落としてから剃ってください。

ハイジニーナさんは特に注意!

陰毛を全脱毛(パイパンとかハイジニーナとか言いますね)する人が最近多いそうです。
そこまでしないまでも、見た目やムレ防止のために陰毛をすいて薄くする人もいます。

陰毛は縮れていて、普通の毛よりクッション性が高く、刺激に弱いデリケートゾーンを守る存在です。
それが無くなったハイジニーナさんは特に刺激に注意して生活しましょう。

自転車やバイクで色素沈着?!


長い期間自転車やバイクに乗っていると、サドルがずっとお股に当たって色素沈着することがあるそうです。
自転車に乗った後、お股やお尻が痛い!という方は注意しましょう。

なるべく刺激を無くすために、クッション付きのサドルカバーをつけるのがオススメです。

陰部の病気に気を付けて


ストレスや体調の悪さによる抵抗力の低下、性感染症
によって、陰部にかゆみや炎症が起こることがあります。

放っておくと黒ずみだけでは済まず、不妊症や他の病気を招くこともあるので、心当たりがある方は、必ずお医者さんで診てもらって薬で治しましょう。

詳しくは→おりものの色、量、においや肌のかゆみで分かる病気のサイン!性病?正常?

小陰唇が大きいと黒ずむ?

デリケートゾーンのiライン周りの形は個人差があります。簡単に図解するとこんな感じ。

②の小陰唇(しょういんしん)と呼ばれる場所(ビラビラしている所)が平均よりも大きいことを小陰唇肥大症と言います。

普通に立っている状態で、①の大陰唇(だいいんしん。ふっくらしてて毛が生えている)よりはみ出ていたり広げると3~5cmあったり、いくつか層になっていたりすれば肥大症かもしれません。

他の人よりも擦れる面積が広いので、黒ずみになりやすくなるそうです。
普段生活している上で何の問題もなければ気にすることはありません。ただの個人差です。

中には、、座ると挟まれていたい!こすれて痛い!という場合があります。
ここまでヒドイなら、傷がついて膿んだりする前にお医者さんに診てもらった方がいいかもしれませんね。

気になるようであれば、美容形成外科で切除してもらうこともできます。見た目を整える手術なので、健康保険は効きません。
参考→湘南美容外科「小陰唇縮小術」

規則正しい生活を送ろう

基本的だけど大切なこと。

それが規則正しい生活を送る、といことです。

皮膚内で作られたメラニン色素は、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)によって排出されます。
不規則な生活やストレスは、ターンオーバーを乱して、肌質を悪くするんです。

食生活では、お肉、野菜、穀物など、バランスよく取ることが大切。
睡眠不足、お酒の飲みすぎ、ストレスはお肌の質を悪くします。

は毎日見るので食生活やストレスでの変化が分かりやすいですが、デリケートゾーンはしっかり見えないので変化が分かりづらいですね。でも、同じことです。

また喫煙メラニン色素を発生させる要因であることも言われています。
参考別記事リンク:タバコを吸うと肌が黒くなるって知ってた?

現代のストレス社会で、なかなか改善が難しいかもしれませんが、黒ずみ解消のために少しでも意識していきましょう!!(`・д・´)ノ!

保湿することが特に大切!

乾燥は肌を傷つけ痒みや炎症を起こします。
乾燥肌で痒くなったり荒れたりすることが多いなら、保湿クリームを塗って対策しましょう。

とくに肌質が悪いと蒸れによる痒みや炎症が起きやすいので、それも改善していくことが大切。

美容成分と保湿成分がたっぷりはいったクリームを塗ってあげましょう。

クリームを塗りたいタイミング

1:お風呂上り
洗顔後に顔が突っ張るように、お肌の皮脂を洗い流した後は乾燥しやすくなります。

2:脱毛、除毛後
脱毛、除毛は、目に見えないくらい小さな傷が肌につきます。
皮膚の表面は水分を保つ役割もしています。
傷がついていると、お肌のバリア機能が弱まって水分が蒸発しやすくなります。

専用のクリームを塗ろう!

普通のボディクリームを塗るのは刺激が強すぎるので、デリケートゾーン専用のものを塗りましょう。

夏など、逆にクリームなんか塗ったら蒸れて痒くなっちゃうよ!っていう場合は、、、
塗った後、乾燥させてから服を着ると、お肌を守る成分が程よく残って保湿してくれるのでおススメです♪

私が使っていた、美白しながら肌質改善もしてくれるアイテムを次項で紹介しますね!

デリケートゾーンの黒ずみの改善方法

日常生活の対策はもちろん大切ですが、長年かけて沈着した黒ずみはすぐに美白できるワケではありません。
しかし近道はできます!私がデリケートゾーンを保湿できただけでなく、4ヶ月でピンク色と呼べるまで解消した方法をお伝えします。

私の黒ずみを改善してくれたアイテム

このサイトでは、黒ずみ改善クリームを3つ紹介していますが、私がデリケートゾーンに効果を感じたのでおすすめしたいのはこちら。
今のところ店舗販売はしていませんが、ネット通販で購入できます。

ヴィエルホワイト

という美白アイテムです。化粧品ではなく医薬部外品です。
参考元※VL WHITE(ヴィエルホワイト)公式サイト

私が詳しく検証した記事もありますのでご参照ください(*´ω`)
私のレビューヴィエルホワイトで黒ずみ改善写真付きレビュー!顔シミからデリケートゾーンまで効果あった!!
どんなアイテム?ヴィエルホワイト大調査!電話して分かった情報、最安値、効果、口コミ、製品情報などをまとめたよ!

これはジェル状の美容エキスです。

肌に優しい成分が入っていて、なんと全身の色素沈着をケアすることができます(@Д@)!

ヒアルロン酸コラーゲンはもちろん、その他たくさんの天然成分で肌質改善、保湿してくれるのはもちろん、
トラネキサム酸という、メラニンの発生を抑えてくれる成分と、
グリチルリチン酸2kという、肌の炎症を抑えて健康を保ってくれる成分が含まれています。

この2つの成分について詳しく知りたい方はこちらをお読みください
「塗る」トラネキサム酸が効果抜群!副作用もなくておすすめ!
グリチルリチン酸2kの効果を分かりやすく解説!

このトラネキサム酸という成分は、厚生労働省が認めている美白成分として有名で、新陳代謝(ターンオーバー)に合わせてだんだん肌の色を明るくしてくれます。
強い成分で皮膚を漂白するわけではないので、敏感肌でも使えるんです!

また、グリチルリチン酸2kは、風邪薬や塗り薬などにも入っている成分です。
こちらもお肌に優しく、黒ずみの原因となる炎症を抑えてくれます。

その特性上、一瞬で黒ずみを消すことはできませんが、お肌の仕組みに合わせて綺麗にしてくれる方が身体に優しいかなと思いました。

その他に私がコレを購入した理由は、
・肌に合わないという口コミがほとんどない
・たくさんの口コミから効果が期待できた
・定期配送にするとお安く購入できる

と言う点です。
お安く、とは言っても定価から比べて半額になるというだけで、ちょっと値がはりますが、それでも前の色を思い出したら、払ってよかったなーと思ってますw

そしてデリケートゾーンの使用におすすめした理由は、
・ジェルなので毛が生えていても根元まで浸透してくれる!
(クリームだと根元にしっかりついている感がなかったんです)
・4~5ヶ月でピンクと呼べる色になった!
・アソコって、こんなに柔らかかったんだ!今まで適当にしてゴメンwっていうくらい肌質改善してくれた

という感じなので、これは本気で悩んでいる!って女性に教えたい!(*‘∀‘)と思いました

黒ずみを本気で消したいなら、日々のケアに加えて、ぜひ塗ってもらいたいアイテムです♪

まとめ

ピンク色のデリケートゾーンを取り戻すための近道は・・・

1.なるべく低刺激な生活を心がける
2.洗い方を改善する&デリケートゾーン石鹸を使う
3.保湿&美容成分の入った黒ずみクリームをぬる

これだけです!

今日から黒ずみを改善して、愛されピンクのデリケートゾーンをめざしましょう!(*‘∀‘)ノ!!

その他デリケートゾーンケア記事たち

◆おりものの色、量、臭いやかゆみで分かる病気のサイン!性病?正常?

◆陰部の臭いを消したい女性に贈るケア&対策方法!黒ずみの原因かも?

◆陰部や股のかゆみに悩む女性必読!原因と対処方法、おすすめ市販薬!

その他の美白ケアおすすめ記事たち

◆身体の黒ずみ・茶色い色素沈着の意外な原因と改善法とは?

◆黒ずみクリーム3選、徹底比較ランキング!おすすめはコレ!

◆当てはまったらあなたの肌は黒ずみやすい!?3つのチェック&ケア方法

※このサイトにおける「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです
※紹介しているアイテムの効果は、個人的な感想です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする